1. ホーム
  2. ※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK
※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK マウス
※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK マウス
MAB-1451312
9,784円 17,790円

・入荷予約商品です。ご理解いただいた上でご購入ください。・お取寄せ商品や、直送品に関しましてはご注文頂いても在庫がない場合があります。・お客様都合でのキャンセルはお受け出来ませんのでご了承下さい。・北海道、沖縄、離島への配送は別途送料が発生する可能性がございますので、 予めご了承ください。
赤色光レーザーポインター付きプレゼンマウス。マウス操作、パワーポイント操作が可能なバイブレーションタイマー付き。充電式です。

サイズ個装サイズ:13×4×23cm
重量個装重量:151g
付属品取扱説明書、保証書(保証期間:6ヶ月)
レシーバー、micro USBケーブル(1m)
生産国台湾
・広告文責(フューエルインジェクション株式会社 TEL:050-5534-9192)
プレゼンにおすすめの、バイブレーションタイマー付きマウス



・通常赤色光の2倍明るいレーザーです。レーザー到達距離最大約100mで、広い会場でも安心して使用できます。
・プレゼンの時間配分を効率的に行えるバイブレーションタイマー付きです。1分単位で細かく時間を設定できます。
・手の動きで感覚的にマウスカーソルの操作ができるジャイロセンサーを搭載しています。手に持ちながらでも簡単に操作できます。
・ページ送り/戻し、スライドショーの開始/終了など、手元で簡単にパワーポイントを操作できます。
・2.4GHz帯の周波数を使用しているので、約15m離れた場所からでも快適にマウス操作できます。
※使用環境により、受信距離が短くなる場合があります。
・レシーバーを本体に収納できるので、持ち運びに便利です。















赤色光レーザーポインター付きプレゼンマウス。マウス操作、パワーポイント操作が可能なバイブレーションタイマー付き。充電式です。

fk094igrjs

【悲報】ハローキティのポップコーン値上げ伊藤塾、司法試験最年少合格者の母親との対談をオンライン配信(リセマム)

※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK マウス

※2021年7月上旬入荷分予約受付中 サンワサプライ タイマー付きプレゼンテーションマウス MA-WPR13BK マウス


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211208/k10013380921000.html
プロ野球、巨人は野球の競技人口の拡大を目指そうと新たに女子の硬式野球チームを創設することになり、8日、4人の入団選手を発表しました。
巨人は8日、野球の競技人口の拡大や女性ファン増加を目指そうと女子の硬式野球チームを創設することを発表しました。
プロ野球の球団で女子野球チームを創設するのは、西武、阪神に続いて3球団目です。
入団が決まったのはことしの全国高校女子野球大会で優勝した兵庫の神戸弘陵高校の島野愛友利投手や18歳以下の女子日本代表にも選ばれた平成国際大のキャッチャーの金満梨々那選手など4人です。
(中略)
球団によりますと、選手たちは2月のキャンプにも参加して巨人の選手たちとともに練習をする機会が検討されているほか、今後、トライアウトなどで選手を募ることにしています。
そして、女子硬式野球のアマチュアリーグ「ヴィーナスリーグ」への再来年からの参加を目指すということです。

プロ野球の球団が女子硬式野球のチームを創設するのは3球団目です。
12球団では西武が去年4月に初めて女子硬式野球チーム「埼玉西武ライオンズ・レディース」、阪神がことし2月に「阪神タイガース women」を創設しました。
いずれもnpbのチームと同じユニフォームと帽子でプレーし、練習場所や道具の提供などの支援を受けています。
今回、巨人が3球団目の女子硬式野球チーム創設となりました。



まじかー!?!?
σ(゚д゚;)


私は、読売に限っては絶対に女子野球には手を出さないだろうと思っていました。
かなり意外です。
それだけ野球人気の行方に危機感を持っているのかもしれませんね。

わかさ生活は頑張っていたと思いますが、いかんせん1社だけでプロリーグを興行していくのは無理でした。
npbが女子チームの運営に関与するのは現実的ではあります。
ただ、球団運営に還元できるレベルにまで至るかどうか・・・・。早く有名な選手を輩出して、注目される話題が提供できればいいですけどね。
川端友紀は、やらないのかな。さすがに年齢的に難しいかな。彼女なら話題性はあると思いますが。



<女子プロ野球観戦記>
2010年8月7日 西京極
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51747506.html
2010年8月22日 西武ドーム
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51752082.html
2011年5月3日 ナゴヤドーム
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51854041.html

schulze at 00:01│comments(2)野球 | イイハナシダナー

この記事へのコメント

1. posted by パリーグ党の司法書士   2021年12月08日 23:36
ちなみに、西武の女子野球チームの監督は、元西武の新谷博なんですよね。
元プロ野球選手が野球に携われる場が増える意味でも、いい事だと思いました。

女子野球選手の先駆けとしては、欽ちゃん球団の片岡安祐美選手を思い出しますが、ちょっと違うか。(^◇^;)

野球の裾野を広げる為にも、頑張ってほしいですね。
2. posted by schulze   2021年12月09日 00:12
新谷さん!適任かも。

コメントする

名前
 
 
 
 
【悲報】ハローキティのポップコーン値上げ伊藤塾、司法試験最年少合格者の母親との対談をオンライン配信(リセマム)

babyclip.net RSS