1. ホーム
  2. がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0
がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0 その他
がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0 その他
3023549-42950
10,924円 22,570円



※納期表示のご説明
仕様/規格
●表地素材:P.V.C
●裏地素材:ポリエステル100%
●重量:約0.98kg(L)
●4ポケットジャケット
●フードあり、レギュラーサイズ
●※適応サイズはサイズ表一覧の画像をご覧ください。
●※止水ファスナーは完全防水ではないため、強いシブキ・雨に打たれる等によって浸水する場合があります。
●【ご使用上の注意】
●本体生地の性質上、着脱がしやすいようレギュラーサイズを規準に従来よりも大きく設定しています。
●従来のサイズ展開に加え、身幅を細くしたスリムサイズを設定しています。
サイズ
S
カラー
スカイブルー
メーカー品番
53640-21-0
商品説明
●本体表地には軽量で防水性能に優れたP.V.C生地を採用。非常に丈夫で防汚性能にも優れ、着用時の汚れや手入れを気にすること無く釣りが行える船釣り用レインスーツです。
●キャップ形状に合わせたフードはドローコードとスピンドルストッパーで調節可能。キャップのつばにセットできるアジャスターを採用し、フードがばたつかず雨の浸入を防ぎます。フードはスナップボタンで取り外し可能。
●胸の左右には雨やシブキの浸入を軽減する止水ファスナーポケットを配置。エアベストやエアフローター使用時にも使用しやすい位置に配置し、すぐに取り出したい小物の収納に便利です。
●フロントファスナーには開閉が容易に行えるビスロンファスナーを採用し、フラップ仕様で雨の浸入を防ぎます。
●ジャケット袖口はダブルカフスを採用し、雨天の釣行時でも袖口からの雨の侵入を防ぎます。外側カフスは面ファスナーでサイズ調節が可能。インナーカフスは手首へのフィット感を向上させるクロロプレーン生地を採用。
●ジャケット裾部はドローコードとスピンドルストッパー仕様でサイズ調整が可能。
関連ワード
●合羽 雨対策 梅雨対策
サイズ・カラー 一覧3L-SLIMLLLLL-SLIML-SLIMMS
スカイブルー-
ホワイト---

ジャンル識別情報:/g1044/g210/g301/m031/


【悲報】ハローキティのポップコーン値上げ伊藤塾、司法試験最年少合格者の母親との対談をオンライン配信(リセマム)

がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0 その他

がまかつ(Gamakatsu) PVCサロペットデッキレインスーツ GM-3640 S スカイブルー 53640-21-0 その他


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211208/k10013380921000.html
プロ野球、巨人は野球の競技人口の拡大を目指そうと新たに女子の硬式野球チームを創設することになり、8日、4人の入団選手を発表しました。
巨人は8日、野球の競技人口の拡大や女性ファン増加を目指そうと女子の硬式野球チームを創設することを発表しました。
プロ野球の球団で女子野球チームを創設するのは、西武、阪神に続いて3球団目です。
入団が決まったのはことしの全国高校女子野球大会で優勝した兵庫の神戸弘陵高校の島野愛友利投手や18歳以下の女子日本代表にも選ばれた平成国際大のキャッチャーの金満梨々那選手など4人です。
(中略)
球団によりますと、選手たちは2月のキャンプにも参加して巨人の選手たちとともに練習をする機会が検討されているほか、今後、トライアウトなどで選手を募ることにしています。
そして、女子硬式野球のアマチュアリーグ「ヴィーナスリーグ」への再来年からの参加を目指すということです。

プロ野球の球団が女子硬式野球のチームを創設するのは3球団目です。
12球団では西武が去年4月に初めて女子硬式野球チーム「埼玉西武ライオンズ・レディース」、阪神がことし2月に「阪神タイガース women」を創設しました。
いずれもnpbのチームと同じユニフォームと帽子でプレーし、練習場所や道具の提供などの支援を受けています。
今回、巨人が3球団目の女子硬式野球チーム創設となりました。



まじかー!?!?
σ(゚д゚;)


私は、読売に限っては絶対に女子野球には手を出さないだろうと思っていました。
かなり意外です。
それだけ野球人気の行方に危機感を持っているのかもしれませんね。

わかさ生活は頑張っていたと思いますが、いかんせん1社だけでプロリーグを興行していくのは無理でした。
npbが女子チームの運営に関与するのは現実的ではあります。
ただ、球団運営に還元できるレベルにまで至るかどうか・・・・。早く有名な選手を輩出して、注目される話題が提供できればいいですけどね。
川端友紀は、やらないのかな。さすがに年齢的に難しいかな。彼女なら話題性はあると思いますが。



<女子プロ野球観戦記>
2010年8月7日 西京極
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51747506.html
2010年8月22日 西武ドーム
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51752082.html
2011年5月3日 ナゴヤドーム
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51854041.html

schulze at 00:01│comments(2)野球 | イイハナシダナー

この記事へのコメント

1. posted by パリーグ党の司法書士   2021年12月08日 23:36
ちなみに、西武の女子野球チームの監督は、元西武の新谷博なんですよね。
元プロ野球選手が野球に携われる場が増える意味でも、いい事だと思いました。

女子野球選手の先駆けとしては、欽ちゃん球団の片岡安祐美選手を思い出しますが、ちょっと違うか。(^◇^;)

野球の裾野を広げる為にも、頑張ってほしいですね。
2. posted by schulze   2021年12月09日 00:12
新谷さん!適任かも。

コメントする

名前
 
 
 
 
【悲報】ハローキティのポップコーン値上げ伊藤塾、司法試験最年少合格者の母親との対談をオンライン配信(リセマム)

babyclip.net RSS